ホーム

山口県山口市・防府市
宇部市・周南市
サッカー・硬式テニス・ソフトテニスクラブ・フットサル,サッカー・テニス大好き少年・少女はレオーネに集まれ!!
レディースメンバー大募集!!
 
<レオーネ山口事務局>
〒753-0212
山口県山口市下小鯖1346-3
TEL:083-941-5416
FAX:083-902-8037




 


レオーネ山口ジュニアのトップチームです。
レオーネ山口 サッカー規約(入会前に必ずお読みください)

−過去の主な戦跡−
第28回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 第3位(2004)
第29回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 出場(2005)
第30回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 ベスト8(2006)
第31回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 出場(2007)
第32回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 第3位(2008)
第33回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 優勝(2009)
第33回全日本少年サッカー大会予選リーグ敗退(6チーム中6位)
第34回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 優勝(2010)
第34回全日本少年サッカー大会予選リーグ敗退(6チーム中3位)
第36回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 ベスト8(2012)
第37回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 第3位(2013)
第38回全日本少年サッカー大会山口県中央大会 準優勝(2014)

第18回山口県少年サッカー選手権大会 第3位(2005)
第19回山口県少年サッカー選手権大会 出場(2006)
第20回山口県少年サッカー選手権大会 優勝(2007)
第21回山口県少年サッカー選手権大会 2回戦敗退(2008)
第22回山口県少年サッカー選手権大会 優勝(2009)
第23回山口県少年サッカー選手権大会 準優勝(2010)
第25回山口県少年サッカー選手権大会 ベスト8(2012)
第26回山口県少年サッカー選手権大会 優勝(2013)
第27回山口県少年サッカー選手権大会 ベスト8(2014)

対象 小学生
練習日 水曜日、金曜日(週2回)
時間 18:10〜19:40
場所 山口市南部運動広場(大原グラウンド)
担当コーチ 葛西(カサイ)
会費 お問い合わせ下さい


 

◆トレーニングマッチetc・・・
2014/06/04
5月31日

この日は、練習⇒U-13との紅白戦となりました。
練習では、他のカテゴリーのコーチたちからも見てもらい、様々なアドバイスを頂きました。
暑さもありまだまだ足りない部分ばかりですが、しっかりと意識して取り組んでくれていましたね。

さて、待望のU-13との紅白戦。
この年代は力強い選手が多く、とても刺激的なサッカーをしてくれます。
U-12の選手たちは、臆することなくぶつかって欲しいと思い、試合を組んだ次第です。

しかし・・・、
試合が始まるとU-13の選手たちの圧力に押され、残念なことに後ろ向きなプレーが多く見られてしましました。
その中でも、数名の選手は闘ってくれましたが。。

B戦でも同じような戦いになってしまい、やっぱりか。と思っていました。
選手たちには、何のためにこの対戦を組んだのか、勝ち負けじゃなく、どういう姿勢で取り組むべきなのかを話し、最後の1本は出し切ろうと伝えました。

開始すぐに、選手たちの前向きなプレーが得点を生みます。
さらに、高い位置でボールを奪う場面が増え、攻撃的にサッカーをすることが出来たと感じます。
結局、勝負するということ。
気持ちで負けないということ。
とは、何なのか?を感じてくれたと思います。

良い経験をさせていただきありがとうございました。



6月1日

この日は、長門市油谷にお邪魔し、ひびきさん、廿日市さん、ボア益田さん、ヴァイセさんとトレーニングマッチを行いました。

全体を通じて感じた事は、ボール保持者に余裕がある状況での判断が緩い。という点ですね。
相手が奪いに来てくれる状況では、裏にスペースがあるので良いのですが、相手がスペースを埋め、待っている状況になると、こちらもペースダウンしてしまい、相手にとって嫌な攻撃が出来ないという事になってしまっています。
いい攻撃の際は、ここからサポートの選手が動き出してスペースの状況を変え、ボール保持者が積極的にゴールに仕掛ける事によって相手を引き出しながら判断する。
という、駆け引きを伴った攻撃が出来ていました。

これをもっと意図的に行えるようにしていきたいですね。

良いグラウンドの中で、とても有意義な時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました!

今週日曜日には、県大会予選リーグがあります。
3チームの1位上がりなので、2勝するしかありません。
その後は、トーナメントとなり、こちらも勝つしかありません。
要するに、全勝でしか優勝する可能性はないと考えています。

この年代、勝ちに拘る事という事が難しく考えられていますが、勝負する以上勝つか負けるかです。
その中で、負けて良いということはありえませんよね。

どのチームも自分たちの力を信じて闘っています。
私たちも、積み重ねてきたものを魅せるいい機会に出来るよう、そして次の世代に向けた良いステップになるよう、しっかりと勝利を目指し、多くの戦いを経験し、成長へ向かって行きたいと思います。

kasai


 

 

 
ページトップ

本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
特定非営利活動法人 レオーネ山口スポーツクラブ
ALL RIGHTS RESERVED.